Welcome to my homepage

英語で老化防止

老化防止には話すことが一番です。今回は、英語の学習をしながら老化を予防できるかについて検証していきたいと思います。

老化は年々脳が衰えていくことでも進行します。もの忘れがひどくなったり、記憶が衰え計算ができなくなります。言葉が出てこないということもよくあります。知っているはずの言葉が全然でてこないのです。これは脳が鈍くなっているためです。頭をつねに活性化させておくことで働きが衰えにくくなります。その方法として英語を学習することが効果的です。

英語は今全世界の共通語として日本でも多く取り入れられています。教育現場では小学校から英語を学び、高校になると海外に短期留学に行ける高校が人気を集めています。さらには社会人でも留学する人もいますし、海外の大学を目指すひとも増えてきています。また日本の企業でも楽天やユニクロ、ブリジストンは近年英語を社内の公用語としてとりいれています。コミュニケーションツールとして、とっても有効で日本語とは違った文章の構造をしています。

日本語は主語の後、形容詞や形容動詞をはさんで回りくどく話します。これがクッション言葉になっていい場合もありますが、英語はまず主語を、そして次に動詞が来ます。助詞などが入る場合もありますが何がしたいのか明確に伝えようとする言語です。この文章構造を学ぶことで意思が 簡潔にわかりやすく伝えられるでしょう。

英語を始めるなら、会話のトレーニングをする前にある程度の単語とリスニング力をつけてください。海外ドラマをみながら楽しく学ぶこともできます。日本ではなかなか使う機会がない人は海外旅行に行ったり、英会話スクールにかよって使うことがベストです。

英語という言語を始めるのに遅いということはありません。ゆっくりと時間をかけて学習していきましょう。そうすることで、老化防止につながりますし、日本にきた外国人の道案内ができるかもしれません。そんな目標を持った老化予防ならきっと楽しみながら取り組めますのでおすすめです。


▲pagetop