Welcome to my homepage

同居のすすめ

老化とは、どういった時に急速に進むのでしょうか?それは人と話さなくなった時です。子供が独立し、高齢の夫婦2人になると一気に会話は減少します。まして、一人暮らしの老人はますます孤立していきます。スーパーの店員としか喋る機会がないという人も多いでしょう。こうした事態は、老化を進めます。アルツハイマーなどのボケにもつながります。危険な状態を回避するため、必要なことは誰かと会話して、脳を活性化されることです。

それに一番効果的な方法は、同居です。家族と一緒にいれば自ずと会話の量は増えていきます。現代では同居する家族は、少なくなっています。しかし、同居をすれば家賃を始め食費や光熱費などの生活費も安く済みます。家族が増えると多少多くなるかとは思いますが2世帯の合計よりは確実に減っていくでしょう。

同居で問題なのは、同居した親世代の年金のみで生活をしている家族が多くいることです。家族が増えて、収入が年金のみであると生活費が足らなくってきます。しかし、同居している働く世代の子供がいることで生活保護は受けにくくなります。その結果、同居以前より貧困に落ちいってしますことがありますので収入は別に確保した上で同居することをおすすめします。金銭的な問題のある同居はあまりおすすめしません。

また、同居では諍いも多くもなります。家族というのは、言いたいことをストレートにぶつけることができるので、喧嘩も多くなります。しかし、家族で話すということはやはり日常的に大切です。さらに高齢の親がひとりの時に倒れてしまうリスクも軽減されます。

いま、もし一緒に住める環境のひとがいたら、同居を検討してみてください。一度家を出ているとその自由さから戻ることが億劫になってしましますが、老化の予防には必要なことです。そんなに長いあいだの同居にはならないかもしれません。家事など手伝ってもらえることもあるでしょうし、きっと新たなライフスタイルが見つかるでしょう。無職でも借りれるカードローンを使って思ったことにお金を使って自分の価値観に気づきましょう。


▲pagetop